先輩の教え

先輩の教え

先輩が持っていた秘密のチャート。それを見せてもらうために私は頑張りました。

先輩をマーク!

あの先輩は何かを知っている。

秘密にしている事があるに違いない。

・・・青年キヨヒサはそう直感した。

昔から、直感はちょっと鋭いほうだった。

僕はそういう直感は信じることにしていた。

自分の名誉の為に一言付く加えておく。

別に・・先輩が秘密のチャートっていったからそう思った訳ではない。

ほ、本当に違う。

・・・ ま、まあ、それはさておき次に進む。

その日から先輩をマークしていた。

  • 先輩の机の上はいつもチェック!
  • 引き出しを開けた時も遠くから凝視チェック!
  • 先輩が使っているパソコンの周りもチェック!

・・・もともと、そんなにガードの固い人ではない。

何か、必ず手がかりを残すとキヨヒサは思っていた。

実際、1ヶ月も観察しているとその手がかりが見つかった。

そんなある日の事だった。

先輩の机の上に見慣れない相場の本が置いてあったのだ。

・・・・次回へ続く

まとめ

「飛躍のきっかけ」

この時、先輩にしつこく迫ったのが私にとっての飛躍のきっかけでした。

資産運用初心者向けメールマガジン 最新記事

私の無料メールマガジン2誌では実際の運用(現在はFX中心)とその基本的な考え方をお話ししています。最近の記事は以下のようになっています。

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報