成長過程で誰もがぶつかる壁

成長過程で誰もがぶつかる壁

資産運用にも上手下手があります。正しい方法で運用を続けていけば自然に成長していくものです。でも、その途中にはちょっとした壁も立ちはだかります。

解説:正しい投資法の実践 成長過程

「どんな投資法も最初は小さな利益から始まる。」

「正しい投資法は、技術の上達と共に利益が大きくなっていく」

私が、このメルマガで紹介し続けている正しい投資法の多くはこういう傾向があります。

  • うねり取り
  • リズム取り
  • サヤ取り
  • サヤすべり取り

これらの投資法は、最初のうちは「小さな利益」から始まります。それでも多くの方には「今まで損ばかりしていたのに嘘みたいだ」と喜んで頂いています。

分野も問いません。FX・株・商品先物のどれにでも通用する投資法です。FXで、それぞれの技術を磨いておけば、将来は株でも商品先物で運用しても同じ要領でやっていけるようになるでしょう。

・・・ 実際、私は商品先物で利益を上げている方法をFXに応用しているだけです。

自動売買といえども最初は利益が小さくなり易い

この傾向は、不思議な事に自動売買でも同じようなところがあります。例えば、タイアップで提供しているこれなどもそうです。

10万円で始めるFX自動売買

上記レポートを書いてある通りに忠実にやれば、誰でも利益の金額は同じになります。しかし、慣れないうちなどは以下のようなことをよくやってしまいます。

  • ポジションを作って少しでも利益が出ると、シグナルを無視して決済して利益を小さくしてしまう。
  • 逆に、損切りすべきなのに注文を実行せずに損を大きくしてしまう。

この辺は、他の投資法でも共通する「失敗の原因」です。

だからこそ、このレポートどおりにやっていくように努力を続けていく事で、自然に技術が上達していきます。

私がこのレポートを「セミプロ訓練用投資法」という呼び方をする理由の一つがここにもあります。

正しい投資法の成功の基本は、根っこの部分では繋がっているものですね。

実践に必要な時間は1日1〜5分程度

日々1分程度の作業を毎日繰り返していくなかで、その利益は少しづつ増えていきます。利益が少しづつ増えていくことを実感出来るようになってくると更に成長も加速していく。

私自身が、そんな過程にいます。

1日1分といってもなかなか続けられない方もやはりいます。最初の壁は、実践を始めた頃にぶつかります。

小さな利益が出始めて喜びをかみしめた後です。でも、それに慣れてくると「もっと派手に大きく儲けたい」と思うようになる。そうなってくると「こんなショボイ売買はつまらない」となっていきます。

技術が未熟な内に利益を大きくしようと焦ってしまい、大失敗をする結果を招いたりします。これも、過去に私自身が何度も経験しているのでよくわかります。

最初はショボイですけど、日々の作業の積み上げを続けていけば自然と利益が増えていきます。

焦らずノンビリやっていけば、自然に実力が身についていきます。そこまで頑張ってみて下さいね。

次回、「旅立ち」です。

まとめ

「成長過程で誰もがぶつかる壁」

この通り売買すれば儲かる・・・といってもほとんどの方がその通りには出来ないものです。これが成功の一つの壁でもありますね。

まとめ

「儲けるべくして儲けるという意味」

正しい投資法を正しく実践していけば正しく儲けられるようになる。これを始めて実感したのが、サヤ取りで利益を出した時でした。

資産運用初心者向けメールマガジン 最新記事

私の無料メールマガジン2誌では実際の運用(現在はFX中心)とその基本的な考え方をお話ししています。最近の記事は以下のようになっています。

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報