株式投資で儲けて海外旅行 つかの間の贅沢

株式投資で儲けて海外旅行 つかの間の贅沢

株式投資を始めたばかりの初心者の頃、運よく適度に儲かりました。その利益で気分が舞い上がり、私は海外旅行に出かけていました。

海外旅行ざんまい

小刻みながら40万円くらいは儲かったと思う。40万円は僕が増長して豪遊を開始するのには充分なお金だった。僕はずっと憧れだった海外旅行に行こうと決めた。

キヨヒサ:(・_・;) 海外旅行・・いくぞ!

僕は気合いをいれていた。

だって、僕は海外旅行に行った事がないだけでなく、飛行機にも乗った事が無かった。英語もわからず、どうやってよいかもわからなかった。

全てが初めてだったので、気合いを入れないと前にすすまないのだ。

そんなこんなで海外旅行に何度か出かけた。

  • 米国西海岸放浪   2週間  15万円
  • トルコ・地中海放浪 35日  40万円
  • メキシコ放浪    40日  30万円

小さなバックを一つ持って海外に出かけて安ホテルなどに泊まり貧乏旅行を続ける「バックパッカー」と呼ばれるスタイルでいくつかの国を旅をした。

数ヶ月日本にいて株式投資をしては海外旅行に出かけていた。一般的には豪遊とは言わないかもしれない。でも、ずっと貧乏してきた僕にはこの金額の旅行はかなりの豪遊であった。

狂いだした歯車

えっ?

儲かったお金と海外旅行で使ったお金が合わないって?

そうなんだよね。

それは、後で気づいた。

  • 投資で儲かったお金が・・・・・・・40万円
  • 海外旅行で使ったお金が・・・・最低85万円

まあ、冷静な頭なら気づくだろうが・・僕なりの豪遊で使ったお金は、既に儲けた金額をはるかに超えていたんだ。

でも、気づかない。

普段の時の僕ならこういう事は絶対無い。でも、この時はもう不思議なほど浮かれていた、勝手に将来の儲けを計算してはニヤニヤして「俺は大金持ちだ」なんて思っていたんだよね。

  • 馬鹿だったと思う。
  • 浅はかだったと思う。
  • 情けないと思っているんだ。

こういうのを昔の諺でよくいうよね。

なんていったかな。

ほら・・・エット

恋は盲目

・・・じゃなかった。・・・まあいいや。

まあ、足らないお金はアルバイトだった。純粋に儲けたお金だけではなかったけれど僕は満足していた。・・・ でも、この状態が長く続くはずはない。

「おごれる者は久しからず」

平家物語の一説が自分の身に降りかかろうとしているのに僕は気づかずにいたんだ。

次回、「バブル崩壊」です。

解説:欲は人の目を曇らせる。

私ほどではないにせよ・・・

FXや株式投資など資産運用で儲かってくるとどなたでも傲慢になったり増長気味となります。これが、FXで儲け続けていくためにもっとも危険である事はいうまでもありません。

この頃の私は、運用資金は100万円くらいなのに「あと数年で僕の資産は1億円を超える」と思い込んでいました。実際に私が1億円を超えたのはそれから15年以上も先になります。

1億円を超えるのにそれだけ時間がかかってしまった一番の理由は私自身の「うぬぼれやすい」という欠点だと思っています。

次回以降、私がどうなっていくのかで詳しくはお話したいと思います。

まとめ

「欲は人の目を曇らせる」

FXで少しでも儲かるようになってくるとそれなりに増長してしまうかもしれません。昔の私のように・・・。

ご注意くださいませ。

資産運用初心者向けメールマガジン 最新記事

私の無料メールマガジン2誌では実際の運用(現在はFX中心)とその基本的な考え方をお話ししています。最近の記事は以下のようになっています。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報