第25回 強制ロスカットされないための準備  

第25回 強制ロスカットされないための準備  

万が一のために強制ロスカットの水準は把握しておきましょう。リスク管理をきっちりやっておけば、実際に強制ロスカットとなるケースはほとんどないとはずです。

強制ロスカットまでの目安

先日ご説明したレバレッジ管理の続きです。

資産倍増計画での買いポジションが強制ロスカットされるまでの目安を計算してみます。資産倍増計画は、FXが初めての方に向く方法ですのでここの理解は大切になります。

強制ロスカットとは何か

強制ロスカットは、含み損が大きく膨らんだときに投資家の許可無くFX業者が強制的にポジションを決済してしまう事です。

強制ロスカットの水準は、FX業者によって異なります。

FX業者によって、最高レバレッジが100倍だったり400倍だったりします。強制ロスカットの水準は、それぞれのFX業者で違ってきます。

まあ、大きく違うのも今年の8月までですけどね。

今年の8月から「レバレッジ規制」が始まります。

  • 2010年:最高レバレッジ50倍
  • 2011年:最高レバレッジ25倍

こうなります。現在、100倍や400倍が可能でも8月以降は強制的に50倍まで引き下げられることになります。

そうなると、強制ロスカットの水準もどこのFX業者でもほとんど変わらない状況になると推測されますね。

いろいろと影響出てきそうですので次回レバレッジ規制について詳しくやります。

まとめ

「強制ロスカットまでの目安」

FX業者によって微妙な違いがある強制ロスカット。資産倍増計画でここまで追い込まれることはまずありません。ただ、基準はしっかりと頭に入れておきましょう。

参考:2012年現在この運用に向く業者は、豪ドル高スワップ金利提供を続けているライブスター証券です。南アフリカランドでは、スプレッドの狭さとスワップ金利の高さの両方を併せ持つSBIFXがぬきんでています。

最新情報は以下も参考にされて下さい。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報