第30回 FX 実際の運用利回り

第30回 FX 実際の運用利回り

のんびりFX口座の実際の利回りをご紹介します。誰でも簡単に出来るこの方法でもこれだけの利益になります。

資産運用2倍投資術での実際の利回り

第一口座は3年半で約16万円のスワップ金利を受け取っています。この一年あたりの利回り計算はこうなります。

16万円÷30万円÷3.5年×100= 15.24%

この口座は、2006年に買いポジションを作ってから何もしていません。それでもスワップ金利だけで約15%の利回りがあります。

円安傾向となれば、これに「為替差益」が加わります。

今の環境が続く限り、FXはリスクを押さえても充分に利益は出せますね。

有利な資産運用手段としてのスワップ投資

私が商品先物運用の運用法をFXに持ち込んでもう8年くらいになります。運用はずっとスワップ金利中心のスワップ投資でした。今回紹介した「資産運用2倍投資術口座」以外にも様々なスワップ投資口座を持っています。

亀仙人投資術

これも、スワップ放置口座の運用法です。内容は、資産運用2倍投資術よりはちょっと高度かもしれません。

こういった口座を全て含めると、私のスワップ放置口座のポジションは大体40万豪ドルほどあります。これらポジションのほとんどは、1年以上放置したままの豪ドル買いポジションです。

現状の豪ドルのスワップ金利は、約85円です。

40万豪ドルだと、85円×40万豪ドル=3400円・・となります。

1ヶ月=3400円×30日=102,000円

毎月約10万円はスワップ金利での収入がある状況です。これらの口座の運用利回りはほとんど年10%以上の利益となるような状況となっています。

低リスクなのに高利回り

これが、現段階のスワップ投資です。勿論、元本保証などありませんが、かなりの安全性を確保して運用してもこれだけの利益が出せます。

スワップ投資に無理は禁物。安全重視でやっていきましょう。

まとめ

「第一口座 資産運用2倍投資術での実際の利回り」

実際の運用口座でのスワップ金利だけでの利回り計算をしてみました。なぜ、この運用法が儲かり易いのかの目安とされて下さいませ。

参考:2012年現在この運用に向く業者は、豪ドル高スワップ金利提供を続けているライブスター証券です。南アフリカランドでは、スプレッドの狭さとスワップ金利の高さの両方を併せ持つSBIFXがぬきんでています。

最新情報は以下も参考にされて下さい。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報