第4回 3年で資産2倍は本当に出来るのか

第4回 3年で資産2倍は本当に出来るのか

3年で資産2倍。それが、資産運用2倍投資術の目安です。今回はそれがなぜ可能になるのかについてお話しします。

ここで運用に使用しているFX業者はここです。第一口座は2006年より運用中。第二口座は2010年に運用開始です。現在、第二口座を作りながら、その概要などを説明しているところです。

3年で資産2倍達成はなぜ可能か

資産運用2倍投資術のポジション放置運用期間は、3年くらいを想定しています。3年くらいで30万円が60万円くらいになるタイミングがある可能性が高いと思っています。

30万円が60万円って事は30円の円安。そんな上がらないだろ?

そう思う方も多いかもしれません。実際、豪ドルの値上がりにだけ期待するのならかなり難しいでしょう。でも、スワップ金利の積み上げがあるのでそれが可能になります。ここの部分ちょっと説明しますね。

スワップ金利の蓄積 3年で10円程度の効果

今のクリック証券の豪ドルスワップ金利は、85円前後です。85円が仮に続くとどれくらい貯まるか計算してみましょう。

  • 1年:85円×365日=31,025円
  • 2年:85円×365×2年=62,050円
  • 3年:85円×365×3年=93,075円

今の金利水準でも3年で93,075円のスワップ金利が貯まる計算になります。3年後の豪ドル値が今と変わらないと考えでも、30万円は39万円まで増える計算となります。

ちなみに、オーストラリア準備銀行では「安定的な金利水準は5%」と考えているようです。

現在の豪ドル金利は、3.75%ですよね。

今後、豪の景気拡大が続けばオーストラリア準備銀行では5%くらいまで金利を引き上げていく可能性は高いといえます。

そうなると、豪のスワップ金利は更に高くなりますね。

実際、2008年頃の豪の毎日発生するスワップ金利は今の2倍以上でした。スワップ金利収入だけで月30万円なんて話しも覚えておいでの方も多いと思います。

いろんな可能性はありますが、豪の金利は当面は現状より下がる可能性は薄いと思われます。

そう考えれば、今から作った「スワップ放置口座」は、最低でも3年後にはスワップ金利の蓄積だけで39万円までは増えると思われます。

金利情勢次第では、更に数万円上乗せが見込めます。

資産運用2倍投資術は、30万円を60万円にするのが目標です。仮に、スワップ金利だけで39万円まで増えるとすれば、あと21万円ですね。

この21万円は豪ドルの上昇に期待します。

今回作る買いポジションが、仮に80円とすれば、3年後に101円に上昇していれば21万円の利益となります。

これで、30万円が60万円になります。

計算上は簡単になってしまいますね。

でも、20円の円安なんて・・そうは起こらないんじゃない?

そういう反論もあると思います。

次はその辺をご説明します。

まとめ

「3年で資産倍増達成はなぜ可能か」

3年もノンビリ待てば2倍になる可能性も高くなっていきます。じっくりゆっくりとやっていきましょう。

参考:2012年現在この運用に向く業者は、豪ドル高スワップ金利提供を続けているライブスター証券です。南アフリカランドでは、スプレッドの狭さとスワップ金利の高さの両方を併せ持つSBIFXがぬきんでています。

最新情報は以下も参考にされて下さい。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報