第5回 豪ドルの分析

第5回 豪ドルの分析

豪ドル運用で資産を2倍にする。それがなぜ可能なのかをお話します。

ここで運用に使用しているFX業者はここです。第一口座は2006年より運用中。第二口座は2010年に運用開始です。現在、第二口座を作りながら、その概要などを説明しているところです。

豪ドル分析 過去5年の高低から見えるもの

資産運用2倍投資術では、3年くらいを目安に20円以上の円安になった時期をメドに決済をしていく予定にしてます。

「20円の円安なんて非常識だ!」

そう思う方も多いと思います。そこで、ここ5年くらいの豪ドルの変動を簡単にまとめてみましたのでご覧下さい。

  • *2004年
  • 高値:85.27円
  • 安値:74.26円
  • 変動幅:11円
  • *2005年
  • 高値:91.34円
  • 安値:76.96円
  • 変動幅:14.38円
  • *2006年
  • 高値:94.19円
  • 安値:82.08円
  • 変動幅:12.11円
  • *2007年
  • 高値:107.81円
  • 安値:86.00円
  • 変動幅:21.81円
  • *2008年
  • 高値:104.44円
  • 安値:55.02円
  • 変動幅:49.42円
  • *2009年
  • 高値:84.19円
  • 安値:55.52円
  • 変動幅:28.67円

どうでしょうね。ある程度円高の時期を狙っていけば、3年で20円以上の円安ならいけそうな感じがしませんか?

2008年の大変動は異常だったとしても、他の年でも結構な変動幅があります。仕掛けのタイミングが悪くなければ3年で2倍という目安はそれほど無理なものでもないと私は思っています。

絶対に3年で決済・・・というものでもありません。

3年は目安なので実際には1年や2年という事もあれば、4年や5年という事もあります。

仮に、4年とすれば、20円以上円安となる可能性は更に高くなります。スワップ金利の累積は更に大きくなるので、4年も放置すれば資産が2倍になるには18円も円安になれば充分です。

次回へ続く。

まとめ

「豪ドル分析 過去5年の高低から見えるもの」

短期ではそれほど動いていないようでも、1年分をまとめてみると大きな値動きになります。資産運用2倍投資術はこの値動きを利用して資産を増やしていきます。

参考:2012年現在この運用に向く業者は、豪ドル高スワップ金利提供を続けているライブスター証券です。南アフリカランドでは、スプレッドの狭さとスワップ金利の高さの両方を併せ持つSBIFXがぬきんでています。

最新情報は以下も参考にされて下さい。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報