創業100年の老舗 セントラル短資FX

創業100年の老舗 セントラル短資FX

セントラル短資

セントラル短資は、為替業界で100年の歴史をもつ老舗FX業者です。経営の安定性が抜群に高いために長期間ポジションをそのままにするようなスワップ放置投資などに向きます。更に、チャート機能が充実しているFXライブを無料で使用できるため、トレードでの有益な売買シグナルも高評価を得ています。

セントラル短資 詳細セントラル短資

実際、私がどのような使い方をしているかをお見せいたします。

セントラル短資 スワップ放置口座

セントラル短資口座は、2006年よりスワップ放置口座として使用してきました。以下がその画面です。

セントラル短資

ちょっと説明しますね。

この口座は、2006年の6月5日に豪ドルの買いポジションを作ってそのまま何もしないで置いた口座です。この間、毎日スワップ金利を受け取り続けていました。2010年2月8日時点でスワップ金利の累積合計額が161,639円になります。

スワップ金利は、1日分は80円くらいの僅かな金額かもしれません。でも、積みあがるとこれだけ貯めることも可能です。実際のこの口座の残高が以下の画面です。

セントラル短資

口座資産が481,639円となっているのが確認出来ますね。この内訳はこうです。

  • 最初の入金額:30万円
  • キャッシュバックなどで頂いた金額:2万円
    (口座開設時に5千円、その後に様々なキャンペーンで残1.5万円)
  • スワップ金利:161,639円

実は、こうやって買いポジションを作って放置しておくだけの簡単な方法でもFXで儲けていく事は可能です。難しいポジション操作もしないのでFXの初心者でも簡単に出来ます。こういうFX運用でも、資産は30万円から1.6倍の48万円まで増えてしまいます。

口座内容照会の他の項目についてもご説明しておきます。

未実現損益-59,900円:この時点での含み損です。買いポジションを作った時の値が83.81円でこの画像を撮った時点の値が77円台でした。そのため、59,900円の含み損が発生しています。買値から5年以上も円高になっているので通常は慌てるところでしょうがこの口座は大丈夫です。スワップ金利が16万円以上もあるので含み損を差し引いても利益となっています。

口座清算価格421,739円:もしも、現在の値で決済した時に残るお金です。これも、まだまだ決済しないので関係ないですね。

ロスカットレベル7,782円:今後円高が更に進行したらどこでロスカット(FX業者が含み損の膨らんだポジションを強制決済するライン)される金額です。上記の口座清算価格がここまで減る事があれば強制ロスカットされます。でも、口座清算価格が42万円ありますのでロスカットレベルになるのはあと豪ドルが77円から更に41円以上円高になって36円になった時です。まず、有り得ない事ではありますね。

現在は2006年当時よりもFX業者の取引条件がかなりよくなっています(当時は手数料片道500円くらいが普通でしたが現在は手数料無料が普通など)。同じセントラル短資で始めても更に良い成績が期待できます。

高スワップ金利と安定した経営基盤で安心FXセントラル短資

FXライブ 儲かっているチャートがすぐ分かる

セントラル短資のFXライブでは「儲かっているチャート」が簡単にみつけられてその「売買シグナル」受信が無料で利用できます。これを利用してFXで利益を出していく戦略を実験していきます。

セントラル短資

どのように利用していくのかは、私の別サイトにて実践していますので以下サイトも参考にされて下さい。

FXチャート初心者向け FXライブ利用術

FX投資家それぞれのニーズにセントラル短資は応えてくれます。

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報