儲かる投資法の一例

儲かる投資法の一例

儲かる投資法にはどのようなものがあるか。本当に役にたつものだけを簡単に紹介します。

歴史のフィルターで生き残ったものを採用すべし

「役に立たない本や投資法」は歴史の中で駆逐される。

皆さんが、「本当に儲かる投資法」を探しているなら、歴史の力を借りる事をオススメします。歴史によって生き残った投資法であれば、「本当に儲け続ける事が出来る投資法」である可能性が高いからです。

  • 本を買う時は、何回再版されているか調べる(本の最後に載っている)
  • 投資法ならば、その歴史も調べる(何年前に実践が開始されたかなど)

例えば、私がススメル投資法はこんな歴史があります。

中源線建玉法

数百年前の投資法。また再構築されてからも数十年の歴史を持つ中国の銀の相場師「陳雅山」の投資法です。陳雅山が死んで初めてその資産内容が明らかになり、世間を驚愕させました。アヘン戦争の賠償金と同額と言われる資産ですので、少なく見ても数百億〜数千億の資産を作った事になります。

投資法自体は、「自動売買」の典型と言えます。

参考HP:中源線建玉法

うねり取り・リズム取り

江戸時代の米相場の時代から続く日本の投資法。商品先物などで成功した相場師の多くはこの投資法だと言われます。私がFXで実践中の投資法でもあります。

参考HP:うねり取りリズム取り

サヤ取り

商品相場では一般的な投資法の一つ(株でも栗山氏を中心に行われています)。この歴史も米相場の時代に遡ると言われます。リスクが小さく堅実な利益を積み上げる、そんな投資法です。

参考HP:サヤ取り

安心して実践できる儲かる投資法

これら全ての投資法が最低20年以上の歴史を持ちます。前回のバブル相場で儲け、その後も生き残ってきた投資法ばかりなのです。

一生続けていける投資法という事です。

三流の投資法は、数年もするとホコロビが見え、消えていきます。

何十年も実践者が多く成功者が多い。それは、「一流の投資法」の証でもあります。歴史の中で生き残ってこそ、一流の投資法と言えます。

こういう投資法なら安心して始める事が出来ますね。

歴史は、投資法選びでは非常に役に立ちます。特に初心者の方には、大切なものです。

初心者の方は、「何が良いか」なんてわからないはずです。歴史というフィルターを使えば、「本当に儲かる投資法」の可能性が高くなります。その中から選べば、投資で大きな失敗をする事は少なくなるはずです。

歴史のフィルター、使ってみて下さい。

まとめ

本当に儲かる「投資本」や「一流の投資法」を探すなら、歴史のフィルターを使う。

三流の投資法は、5年もすれば消えていく。10年以上続く投資法ならば、「儲かる投資法」である可能性は高い

「歴史のフィルター」を使えば、儲け続ける道が見えてくる。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

pg" width="164" height="164" alt="クリック証券" />

FXライブのチャートランキング機能と売買シグナル受信はかなり使えます。スワップ放置資産運用用として使用中。

セントラル短資 詳細

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報