「知る」と「出来る」の違いがわかる人は資産運用で成功できる

「知る」と「出来る」の違いがわかる人は資産運用で成功できる

資産運用のキモともいうべき部分「知る」と「出来る」です。これが理解できるといろんなものが違ってきます。

「知る」だけでは絶対に儲からない。

空手もビジネスも「知る」だけで「一流」に成る事は絶対にありません。知識をひけらかすビジネスマンなどその典型です。

自分の底の浅さを見抜かれてしまいます。

「知る」事で手に入れた知識を、「出来る」段階にまで引き上げる事により、「一流」の扉が開きます。

例えば、営業の仕事ならこういう事です。

  • 訪問する前にシナリオを作る。
  • シナリオを確かめるために、同僚や先輩などとロールプレイング
  • 訪問した後に、自分の振り返り。
  • 営業日誌に記録しておく、後で読み直す。

何十回も、何百回も同じ事をやり、磨きをかける。最初は、お客様が引いてしまうほど、不自然な事もあります。でも、慣れてくると、自然に出来るようになってくる。

そこに、相手への「思いやり」が入ると、売上が急上昇していきます。

投資で儲ける事も全く同じ手順です。

  • 多くの本を読み、いろいろな投資法を知る(知るの段階)。
  • その中から実践する投資法を1つに絞る。
  • 後は、毎日の場帖・グラフ記入を繰り返す(1日5分程度)

知る → 出来る

上記の事を繰り返していって「知る」が「出来る」へと成長していきます。

儲け続ける投資法は、この「積み上げ」が必ずあります「商材を購入してすぐ儲かる」、そんな事は現実にはありません。

投資法の表題は捨てて読む。

最近、情報商材を検証するブログなども出てきました。これらのブログを読むと、1つの特徴がある事がわかります。表題通り儲けている情報商材は存在しないということです。

  • 「月に●●%の利益」
  • 「資産短期で倍増」

激しい宣伝文句の割には、「1週間で売買1回で1万円の利益」といった具合です。これでも利益が出ているだけましです。

これでは、黙ってスワップを受け取っているのが一番儲かります。

まとめ

「知る」と「出来る」の違いがわかる人は成功出来る。

本を読んだり、情報商材を買う、その行為は「知る」という事。

成功者を多く出す投資法は、その後「訓練」によって成長していく。

「訓練」は、「知る」を「出来る」の段階まで引き上げる。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

pg" width="164" height="164" alt="クリック証券" />

FXライブのチャートランキング機能と売買シグナル受信はかなり使えます。スワップ放置資産運用用として使用中。

セントラル短資 詳細

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報