宮本武蔵と坂本龍馬はどちらが強いのか

宮本武蔵と坂本龍馬はどちらが強いのか

宮本武蔵と坂本龍馬はどちらが強いのか。このテーマの中にはFXで勝つための秘密が隠されています。

FX歴史に学ぶ 宮本武蔵と坂本龍馬

FXで勝つための教訓がいくつかあります。その1つは「歴史に学ぶ事」です。FXに限らずビジネスや生活でも歴史の教訓を活かせる場面が数多くあります。ここでは、宮本武蔵と坂本龍馬の2名を題材として説明させて頂きます。

宮本武蔵と坂本龍馬 最強はどっち?

宮本武蔵の本を読んだ事があるでしょうか。宮本武蔵が剣の道を極めるまでにいかに苦労したのかがよくわかります。宮本武蔵は、独学で剣の道を極めました。一生を剣に奉げたのです。自分の天賦の才を磨きぬいた典型的な天才の生涯だっといえます。

では、江戸時代末期の剣豪達はどうだったでしょう。

この幕末の歴史の動乱期にも剣の達人がたくさん出ています。坂本龍馬のような倒幕組、それに対抗する沖田総士に代表される新撰組の剣豪達がいます。

さて、坂本龍馬や新撰組の剣豪達は、独学で剣に磨きをかけていたのでしょうか?

違いますよね。

幕末の剣豪の多くが道場に通い、数年で免許皆伝を貰って活躍していました。ここに実は重要な意味があります。ちょっと考えて下さい。

宮本武蔵と坂本龍馬はどちらが強いと思いますか?

多分、宮本武蔵でしょうね。

では、宮本武蔵の時代と坂本龍馬の時代の剣豪の数はどうでしょう。

どちらの時代が、剣豪の数が多いでしょうね。

歴史小説などを読むまでもなくその差は歴然としています。坂本龍馬の時代の方が一流剣豪の数が圧倒的に多いのです。

この理由が重要です。なぜでしょうね?

宮本武蔵の時代は、剣術の学び方が確立されていないため、天才しか強くなれなかった。剣豪の剣の技術にも大きな開きがあり、天才か凡人しかいない時代だった。

坂本龍馬の時代は、剣術の学び方が確立されていたため、短期間で秀才クラスの剣豪を養成できた。独学の天才は少ない代わりに努力型の天才を大量に養成出来た。天才と凡人の中間に秀才がいる構造になっていた。

実は、ここに「独学=毒学」の重要な現実があります。そしてFXで成功する鍵があります。FXだけでなく、ほぼあらゆる分野で言える事があります。

「独学で成功出来るのは天才だけなのです」

FXでも独学で成功出来るのは宮本武蔵のような天才だけです。凡人は、道場に属し「○○流」を学ばねば剣の道を極める事は出来ません。

宮本武蔵の時代にはまだまだそんな道場はなく天才しか生き残れない仕組みでした。それに対して、幕末の坂本龍馬の時代には、道場も整備されておりたくさんの剣豪が生まれる事になったのです。

その場合でも、到達できるのは「秀才」のレベルです。宮本武蔵のような天才のレベルには到達は出来ないのです。

FXの世界も同じです。

投資で儲けるには天才になる必要はありません。秀才で十分なのです。

どこかの流派(正しい投資法)を徹底的に学び、自分のものにする。

それだけで、FXで儲け続けるようになる事が出来ます。皆さんは、自分の投資法の流派を言えるでしょうか?

ちなみに、私の場合はこうです。

FX投資・商品先物:サヤすべり取り

サヤすべり取りは、数百年の歴史を持つ投資法です。多くの成功者を輩出しており、私はその門下生というところです。

自分の流派を決め、技術を磨いていく。

FXでも剣術でも成功する筋道は同じです。FX投資は新しい分野ですので、まだまだ試行錯誤の状態が続いています。とはいえ、株や商品先物で成功している投資法は応用出来そうである事がわかってきました。

事実、私は株式投資や商品先物の相場師の間では一般的な「リズム取り」を応用しています。成功の筋道は共通しているのです。

FX歴史の教訓 まずは投資法を決める

FXで皆さんが実践している投資法は何ですか?

多くのFX投資家がこの質問に答える事が出来ません。それぞれが我流でFX投資をやっているからです。

この質問に答える事が出来ないとしたら、そのままでは皆さんは投資で成功するのは難しいかもしれません。自分の流派を持たないという事は「独学」で成功しようとしているという事です。

皆さんが天才でなければ難しいという事です。独学が毒学となる前に、皆さんが打ち込む投資法を見つける事をオススメします。修行と言っても、剣の修行のような厳しいものではありません。

私も修行中の身です。一緒に楽しく儲けていきましょう。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報