FX コンバージョンの手数料

FX コンバージョンの手数料

FXを使った外貨両替にはいくつかの呼び方があります。一番多いのが「コンバージョン」です。ここでは、FXのコンバージョンに呼び名を統一してその手数料について説明してまいります。

FXコンバージョン 2種類の手数料

FXのコンバージョン手数料には2種類あります。

  1. 通常のレートに上乗せされるタイプ
  2. 手続き全体で手数料とされるタイプ

FXコンバージョンで私が良く使うマネーパートナーズは1のタイプです。2のタイプは「最低5000円」や「最低1万円」といった感じでの設定が多いため特に少額のコンバージョンには不利になり易い傾向があります。

2万通貨以内のコンバージョンであれば、1の方が有利になり易い傾向があります。

コンバージョンによる外貨両替の目的が「海外旅行で使う予定の外貨」などであればその金額は数千ドルや数千ユーロくらいになると思います。そういう場合は、1のタイプの手数料がお得になり易いといえます。

マネーパートナーズの場合は、コンバージョンの金額が少額でも高額でも「通常レートに20銭の上乗せ」だけの手数料で済みます。

手数料がこれだけ安いと数万ドルのコンバージョンでも、手数料的に有利です。FXを使ったコンバージョンで手数料の比較をしたい場合はマネーパートナーズを中心にして行えばまず間違いありません。

手数料がもっと安いFX業者をみつけたら私にも教えて下さいね。

一応、ほとんどの業者の内容は押さえてあるはずなので自信はあるのですが、見落としもあるかもしれません。

外貨両替で有利なベストトリオ

ここで使う業者としてオススメなのが以下の3社です。私が外貨両替の手数料が一番有利となる組み合わせとして私自身が利用しています。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報