トラベラーズチェック手数料を無料にする方法

トラベラーズチェック手数料を無料にする方法

最低2%取られるトラベラーズチェックの手数料を無料にする方法があります。それについてご説明します。

トラベラーズチェック 通常2%の発行手数料

トラベラーズチェックは、「保障付き現金」として海外旅行にもっていくお金としてはとても便利なものです。しかし、その発行手数料は最低2%と高くなっています。

この発行手数料を無料と出来ると、20万円くらいのトラベラーズチェック発行でも4千円は手数料が得になります。

海外旅行でのお小遣いが増えますよね。

FXを経由して外貨で出金する場合でも、この方法を使う事で更にお得になります。

トラベラーズチェック発行手数料 銀行によって大きな差

FX業者を通じて手数料格安で両替した外貨をご自身の銀行口座に送金するところまでは「リフティングチャージ」まででご説明しました。つぎは外貨出金です。

外貨を現金で出金するよりもトラベラーズチェックを利用すべき事は「外貨換金比較表」を見ればご理解頂けるでしょう。ここでチェックして頂きたいポイントはこれです。

トラベラーズチェック発行時の手数料

トラベラーズチェック発行に別途手数料が必要な銀行がほとんどです。ちなみに、トラベラーズチェックにしないで普通の外貨現金への両替でも結局は同じくらいの手数料がかります。

トラベラーズチェックであろうと外貨現金への両替であろうとその合計手数料は2〜10%くらいにもなります。10万円くらいのお金で2千円〜1万円もの両替手数料が取られてしまうのは、すごく勿体ない感じがします。

でも、心配は要りません。

トラベラーズチェックの発行手数料を無料にする方法があります。これにFXを使った外貨両替(コンバージョン)を組み合わせれば全体の手数料をかなり少なく出来ます。

トラベラーズチェック手数料無料 2つの方法

トラベラーズチェッツク手数料を無料にする方法は2つあります。

  1. シティゴールドカードの会員となる
  2. 1000万円相当以上の預金をして「シティゴールド」会員(クレジトカード会員ではなくシティバンク銀行のVIP会員)となる

シティバンク銀行を使うのが一つのポイントです。この銀行は外貨両替を有利にするのにとても便利です。世界中に支店もあるため、海外送金や海外でのATM出金などいくつも有利な仕組があります。

シティバンクに口座を持つだけでもトラベラーズチェック手数料は2%が1%になります。

シティゴールドカードの会員になれば、ゴールドカードの会員向けの特典として「トラベラーズチェックを手数料無料」がありますのでこれを利用できます。この場合も、シティバンク銀行に口座があれば「両替上限30万円」となり口座の無い人の「上限10万円」よりも有利になります。

これが出来る通貨は、米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドルの4通貨です。ほとんどの海外旅行で使える通貨です。この4通貨が可能であれば不自由はしないはずです。

トラベラーズチェックだけでなく海外送金手数料も無料にするなら

海外送金をお考えの方は、預金などの金融資産をかなりお持ちの方も多いでしょう。そういう方は、資金のうち1000万円をシティバンク銀行に預けてみるのも一つの方法です。

シティバンク銀行で1000万円以上の預金のある方は「シティゴールド会員(シティゴールドカードとは全く違うものです)」とされ、預金者の中でもVIP的な扱いと様々な手数料割引の特典があります。

特典の一つに「トラベラーズチェック手数料無料」があります。ちなみに、「海外送金」「国内円送金」などの手数料も無料になります。

トラベラーズチェックを発行して海外旅行で使うのだけが目的であればシティゴールドカードのゴールドカードを作成しておけば充分です。

この特典は、FX業者お得に調達した外貨をシティバンクの外貨預金(マルチマネー口座と呼ばれています)に入金しておけばいつでも利用が出来ます。暫く使わないお金であれば、外貨定期預金にしておけば金利もしっかりとつきます。満期になればいつでも出金が出来ますので、暫く使わない外貨は外貨預金にしておきましょう。

私は、近々欧州への旅行を予定しているため、円高の度にユーロをマネーパートナーズで少しづつ外貨購入してシティバンクに送金しています。

この外貨購入はFX運用とは違う楽しみがあります。1000米ドルや1000ユーロなどの小額からでも手数料がお得に出来ますので一度お試し下さい。

外貨両替で有利なベストトリオ

ここで使う業者としてオススメなのが以下の3社です。私が外貨両替の手数料が一番有利となる組み合わせとして私自身が利用しています。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報