上位5%に入る道 投資成功者

上位5%に入る道 投資成功者

投資で成功できる人は5%とも1%とも言われています。そこに入る為にどうすべきなのかをお話します。

「成功の5%ルール」

成功者5%に入る方法 ・・・ 行動の門 その3

「成功の5%ルール」

5%ルールをご存知でしょうか?物事に取組んで成功する人の確率は5%と言われます。

  • 難関大学に入学する学生の割合。
  • 同期で就職して役員になれる割合。
  • 一流と言われる営業マンの割合。

・・・ 等など

これらは、いくつかのビジネス書に書かれている事を書き写したにすぎません。こうやって、並べていくとなんとなく納得いくかもしれません。そして、恐ろしい事に株式投資やFX投資でもこういわれています。

「投資で儲けている人は、全体の5%かそれ以下」

比較的株式相場の良かった年でさえ、儲けている人は4割だったという統計 もあります。実際、私の周りでも儲け続けている人は数人くらいしかいません。

同じFAI投資法の先輩達です。

それ以外の方は、皆損をしているのです。皆さんの周りでも現実は同じような ものでしょう。このメルマガの読者の皆さんはそうなってはいけません。例え、 今は「損の組」にいてもこれから取り返していきましょう。

FXについても同じです。「FXの方が株より儲かる」と言われていますが、現実は全く違う気がします。儲けている人は「ほんの一握りの人達」、それが現実です。

「成功する5%」に入るのって難しいんじゃないだろうか?

多くの人がそう考えます。

これは、実はそれほど難しいことではありません。

成功の5%に入る方法

5%の成功する組に入るのは難しい事ではありません。この連載を最初から読んできた方は既にお気づきのはずです。

  • 行動する事。
  • 完全に成功者の真似をする事。

・・・ 簡単でしょ。

簡単すぎて信じられない。そんな気がするかもしれませんね。

これは、皆さんの今までの人生経験や読書の効能を思い出して頂くければ納得できるかもしれません。皆さんも今までの人生の中でいろいろな成功体験をお持ちのはずです。

ちょっと思い出して下さい。

どうやって成功しましたか?

きっとこういう経験があると思います。

  • 先輩や上司の真似をして成功した。
  • 教科書を丸暗記するくらいやり込んで成功した。

成功体験をいくつか並べると、「成功者の真似をした時」に最も速く成功してい るはずです。

私の営業もそうでした。私は営業で一流になるために、必死で一流の先輩を観察しながらその真似をし続けました。優秀な先輩を見つけると、じっくりと観察をして質問をして真似てみる。それを繰り返して自分の物にしてい ったのです。

その結果、その会社で営業マンとして日本一になったりもできました。

もし、そんな成功体験の無い方は、歴史小説を読んで見て下さい。例えば物真似王でもある「徳川家康」などは良いですよ。

物真似で日本の王様になった人です。

「覇王の家」司馬遼太郎著、でも読まれて下さい。

行動を開始したら、注意すべきは上記の2ポイントのみです。それだけで、成 功の5%に入れます。

そんなの知っているよ。

そう反応する方もいるかもしれません。

私の言っている事は、多分多くの方が頭ではわかっているでしょう。

でも、頭で理解しているだけでは駄目です。

今は、「よ〜し、やるぞ」と思っていても、行動はじめて少しすると不安になったり、目移りしたりします。

「本当にこれでいいのか?」

とか

「あの投資法の方が良さそうだ」

とかです。

これが、失敗する人のお決まりのパターンでもあります。行動を開始しても、成果が出る前に止めてしまう。それでは、いつまで経っても駄目なのです。

だから、気持ちが揺らいだ時に、「完全に真似をしていくのが近道」と自分で制御出来るようにしておきましょう。そのためにも「物真似こそが、成功の近道」だと頭にすり込んでおくことが大事です。

まとめ

「成功者の5%に入る 行動の門 その3」

投資で成功するのは意外に簡単です。でも、簡単すぎるんでしょうね。投資家の95%がおそらく信じない。

正しい投資法を選ぶ。

成功の障害になる10の壁を越える。

気づきの門を通る。

そして、行動の門を通っていく。

ここまで完璧にやれば成功は目の前です。

  • 私のやっている事は、難しくありません。
  • 私のやっている事は、お金もかかりません。
  • 私のやっている事は、手間もかかりません。

簡単すぎてほとんどの人がやらない。「楽して儲けたい」という投資家が多いのに不思議な事ですね。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報