明けない夜はない

明けない夜はない

資産運用で少し大目に増やしたいと思うならそれなりの苦労は必要です。でも明けない夜はありません。

成長直前の絶望に負けてはいけない。

私自身、投資の世界で何回も「成長直前の絶望」を経験しています。

  • 商品先物「サヤすべり取り」でなかなか利益が出ない。
  • 株式投資「FAI投資法」で買い場がなかなか掴めずに苦労する
  • FX取引「リズム取り」、いくら場帖を記入しても「豪ドル」の「うねり」や「リズム」が掴めない。

思い出すだけでも「10個」くらいは簡単に出てきます。

すべてその後には、「大きな利益」に繋がっています。

「大きな絶望があり成果は生まれてくる」

それが、成長の法則のようなものだと思っていると良いでしょう。

絶望しそうになった時の乗り越え方

私のように「絶望」に慣れてくると、「絶望」の局面になるとうれしくなったりします。

よ〜し、次の成長が近いぞ!

そんな気持ちです。

その「絶望」を乗り越えれば儲けは更に膨らむのですからうれしくなって当然です。だから、私は投資法を変えようとは思いませんし。日々の30分の努力も止めようなどと考えたりしません。

これから更に、儲かるようになるのですから当然ですね。

でも、今から新しい投資法を実践し始めた方は、不安でしょうがないでしょう。

だからこそ、申し上げます。

絶望しそうになった時こそ頑張れ!

まとめ

「大成功の前には絶望が来るとおもえ」

いくら努力しても成果がでない。

もう止めよう。

そう思っても続けて見よう。

絶望しかけた後には、大きな成長のステップが待っている。「絶望」しかけた時、実は「儲け続ける投資家の道」は目の前まで来ている。

そこで止めてはいけませんよ。

次回、「継続の門」最後のポイントです

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報