相場成功の必須事項

相場成功の必須事項

相場で成功するためにしてはいけない事があります。それは、独学で突き進むことでです。では、どうすれば良いのかについてお話しします。

成功のステップ

前回の続きです。

もしも、貴方が私の推薦する「うねり取り」を始めたとしよう。

成功のステップはこんな感じになる。

  1. 1つの投資法を徹底的に真似る。
  2. 損をしなくなる。
  3. 更に磨きをかける。
  4. 儲かるようになる。
  5. 更に、更に磨きをかける。
  6. この循環が続けば儲け続ける投資家に成長していく。

こんな具合に成長していくことになるだろう。そして、「儲け続ける投資家」になった時には、「貴方のうねり取り」として世間は評価してくれる。

「相場師:○○○○」の誕生となる。

投資で成功するのは難しくない。もし、難しいとしたら、それは「自分を捨てる事の出来ない辛さ」であり、「独 創的な事」が何も許されない窮屈さだと思う。

でも、そんな事は考えを変えれば済む事だ。

  • 相場では儲ければいいのだ。そう割り切る事。
  • 相場で独創性など一切考えない。
  • 独創性のエネルギーは、自分のやりたい分野に発揮すればいい。

「相場で自分を見せる必要などない。相場の世界では個性も自分も捨ててしまえば良い。そして、普段の生活で貴方らしい個性を発揮して輝けば良い」

そうすれば、貴方の人生はもっと豊かなものになる。

家族とも楽しい生活が出来るようになる。

恋人がいないなら、きっと恋人も出来る。

あっ・・・これは関係ない。

と、とにかく・・・

「相場の世界で独創性は命取り」

それをしっかりと刻んで頂きたい。

「相場に独創性など入らない」そう気づけるかどうか。

それが、「気づきの門」で重要な事だ。

気づきの門の意味

気づきの門の意味、ご理解頂けたでしょうか?

「歴史のある投資法を、独創性を捨て、徹底的に真似をする」

それが、投資成功の近道です。既に完成された投資法にアレンジを加える必要などありません。その投資法で指示された通りに実践をしていくだけで充分です。

徳川家康が良い例です。徳川家康は、徹底的な物真似で日本の王となった。しかし、彼の開いた江戸幕府は、間違いの無い「徳川家康の作った」ものなのです。投資家として成功したいならば、徳川家康を見習いましょう。

※アドセンスを貼る場合、このエリアにコードを貼り付けることができます。
(横幅160px以下のリンクユニットを推奨します)

このサイトのRSSを購読する

RSS新着情報

RSS新着情報

フィード新着情報